000898_大盘股票分析

新米ママさん必見!なぜ、赤ちゃんの便秘解消に「オリゴ糖」が選ばれるのか?

 

生後5ヶ月くらいから離乳食が始まります。

 

離乳食が始まると、今までみたいな無臭のかわいいウンチでなく、立派なウンチになります。

 

我が家でもそうでしたが、ママ友に聞いても、離乳食が始まると「便秘」の話題が必ず出てきます。

 

便秘になると、時には痛がったり、泣いてしまったり、お腹が張ってしまったりと赤ちゃんがかわいそう。

 

そんな時に、先輩のママさんに教えていただいたのが、「オリゴ糖」でした。

 

実際にオリゴ糖を始めたところ、便秘も解消し、今では年長さんになった現在も、習慣に摂取しているというか、もう、普段の料理に加えています(笑)

 

オリゴ糖は、サプリメントと違って、普段の料理や飲み物に調味料感覚で使用できるので、継続できない方でも継続しやすいのが最大のメリットだと思います。

 

ただ、オリゴ糖は便秘にいいって聞くけど本当に大丈夫なの?

 

ってしっかり知りたい方もいると思います。

 

例えば、

 

赤ちゃんの便秘になぜ、オリゴ糖がいいのか?

 

赤ちゃんに飲ませて本当に大丈夫なのか?

 

年齢別のオリゴ糖を与える量は?

 

オリゴ糖の摂取タイミングは?

 

オリゴ糖が効かない噂もあるけど?

 

などご紹介しています。

 

しっかり納得したうえで試したいですよね!

 

こちらでは、薬剤師のママ友にオリゴ糖のことを聞きまくってまとめてみたサイトです。

 

赤ちゃんの便秘解消、育児奮闘中のママさんの不安が少しでも解消していただければ幸いです。

 

 

なぜ、赤ちゃんの便秘解消に「オリゴ糖」がいいのか?

 

 

離乳食が始まると、体内に存在した善玉菌(ビフィズス菌)が急激に減少すると言われています。

 

善玉菌が減少すると、悪玉菌が優勢になるので、腸内が乱れ、便秘を招きます。

 

便秘で腸内を長期間、腸内にためておくことは、より悪玉菌を増殖してしまい身体に悪影響を与えます。

 

オリゴ糖は、腸内の善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなるので、善玉菌が増え、腸内が活性化し、便秘解消となります。

 

赤ちゃんに飲ませて本当に大丈夫なの?

 

オリゴ糖は何歳からでも与えることができます。

 

さらに、オリゴ糖は、熱の影響を受けないので、温かいミルクや離乳食に混ぜてもオリゴ糖の効果は衰えたりしません。

 

 

でも、オリゴ糖って甘いから虫歯のリスクも?


 

オリゴ糖は口内で消化されにくい成分でもありますので、虫歯のリスクもありません。

 

ただ、市販のオリゴ糖はブドウ糖が多く使用されているケースがあるので、成分内容はしっかりチェックしたほうが良いです。

 

ヨーグルトとオリゴ糖の違い

 

  • ヨーグルト⇒ビフィズス菌を外部から摂取する
  • オリゴ糖⇒自分が持っている善玉菌を増やす

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料は、体外からビフィズス菌を摂取するものですが、そのほとんどが、胃酸や消化酵素によって死滅してしまいます。

 

毎日飲んでいても、なかなか実感しない方はその原因を知っておくことが大切です。

 

その点、オリゴ糖の場合は、胃酸や消化酵素に分解されず、大腸まで届き、ビフィズス菌の餌となるので、体内のビフィズス菌を効率よく増やします。

 

腸内の善玉菌(ビフィズス菌)が増えることで、腸内活動が活発になるので、便秘を解消してくれます。

 

赤ちゃんからオリゴ糖を与えると大人になっても便秘知らず

 

我が家では、2人目の子供からは、母乳時からオリゴ糖を与えていました。

 

乳頭にオリゴ糖を塗って与えていました。

 

そのお陰か、離乳食になっても、上の子みたいに、便秘になることなく、下の子は完全に便秘知らずです(笑)

 

小児科の先生もおっしゃっていましたが、腸内が活発になると、風邪もひきにくい、摂取した栄養素もしっかり吸収してくれる、などメリットはたくさんあると言われました。

 

国民病である花粉症も腸内の乱れから発症しやすいとおっしゃっていました。

 

タイプ別!オリゴ糖を与える量|摂取タイミング

 

★1日あたり0.5g〜1g程度が目安です。

 

大人と同じ量のオリゴ糖を摂取するとお腹がゆるくなってしまう可能性があります。

 

母乳育児

基本的に、母乳にもオリゴ糖が含まれているので、与える必要はないと言われています。ただ、私の場合、下の子は、乳頭にオリゴ糖を塗って与えていました。

 

ミルク育児中

ミルクにオリゴ糖入れます。その際は、1回の量は0.5g程度が目安です。

 

離乳食中の場合

温かいスープなどの離乳食にいれます。デザートのヨーグルトにもオリゴ糖を入れています。1回の量は、0.5〜1gを目安に入れて下さい。

 

オリゴ糖が効かないケースも!無理に飲ませない?

 

じつは、オリゴ糖が効かない口コミも聞きます。

 

この件に関して、薬剤師のママ友に聞いてみました。

 

 

オリゴ糖が効かないって聞いたけど?


 

 

よく耳にする話ねじつは、体内の中には複数の善玉菌が存在するので、オリゴ糖の種類によって合う合わない個人差があるのは事実


 

 

例えば、オリゴ糖の種類でもラフィノースをエサにしている善玉菌もいれば、ミルクオリゴ糖しかエサにならない善玉菌もいるからね。


 

 

もし、オリゴ糖で1〜2週間継続してみて、実感したらOKだし、全く実感しなかったら他のオリゴ糖を試してみることがいいかも。


 

オリゴ糖は自分にピッタリな商品を見つけるにはある程度いろいろな種類のオリゴ糖を試してみることがポイントみたいですね。

 

オリゴ糖は何でも良いわけではい

 

 

オリゴ糖の中に、はちみつを加えている商品は要注意!

 

赤ちゃんが(1歳未満)はちみつを摂取してしまうと、「乳児ボツリヌス症 」を発症する場合もあるので、はちみつが入ったオリゴ糖は絶対にNGということです。

 

調べたら実際に消費者庁からも注意喚起していました。

 

【関連記事】

 

 

ドラッグストアやスーパーでオリゴ糖を購入する際には、しっかり成分内容も確認するようにしましょう。

 

ただ、便秘解消を目的でオリゴ糖を始めるなら市販やドラッグストアのオリゴ糖はそれほど期待はできないということでした。

 

市販やドラッグストアで購入できるオリゴ糖はよく目にしますが、成分内容をよく見ると、オリゴ糖の含有量が、10〜20%程度で、大半がブドウ糖というケースも珍しくありません。

 

そのため、市販やドラッグストアでよく目にするオリゴ糖は、胃で溶かされてしまうオリゴ糖も多いです。

 

ただ、便秘、腸内改善の予防であれば、市販やドラッグストアで販売されているオリゴ糖で問題ありません。

 

しかし、便秘を解消するために、オリゴ糖を始めるのであれば天然で作られたオリゴ糖が良いということです。

 

まずは、天然成分のオリゴ糖から始めてから腸内環境が良くなり始めたら、市販のオリゴ糖に切り替えるスタンスがベストです。

 

さらに、オリゴ糖は人工的にも作られますので、安いオリゴ糖などは赤ちゃんに飲ませるのは体調に思わぬ悪影響を与えてしまう危険があるみたいですね。

 

赤ちゃんに与えるオリゴ糖は何を選べばいいの?

 

赤ちゃんにはなるべく純度の高いオリゴ糖を飲ませる事が大切です。

 

我が家では、ママ友の薬剤師のおすすめで購入したカイテキオリゴを試しました。

 

カイテキオリゴは、天然のオリゴ糖を使用し、赤ちゃんにも安心だからです。

 

市販で売られているオリゴ糖は、1種類のオリゴ糖だけ使用されているのが一般的なので、実感度には個人差があるので、色々な種類を試さないと自分にあったオリゴ糖が見つかりません。

 

ただ、カイテキオリゴは、1回で複数のオリゴ糖を摂取できるので、実感度も高いのが特徴です。

 

実際に飲ませてみた感想

 

上の息子の便秘がひどいときにおすすめと言われ、購入したのがカイテキオリゴです。

 

 

カイテキオリゴを始めてみて、約3日くらいで便の状態も良くなりはじめ、4日目くらいからお腹の調子もよくなり、便秘が解消されました。

 

今まで辛かった便秘がウソのようで、便秘解消してからも継続しています。

 

何より料理に入れられるから継続しやすい

 

 

通常のサプリメントなどは、絶対に長続きできないのですが、カイテキオリゴの場合は、甘味料として使用できるので、ほとんどの料理では、砂糖の使用はなるべく控えています。

 

台所の調味料入れに入れているので、欠かさず使用しています。

 

そのお陰で、私も便秘気味でしたが、便秘が解消し、家族全員便秘知らずです。

 

付属のスプーンがあり、1杯投入するだけでOKなので、簡単に習慣できます。

 

 

同じように、赤ちゃんの便秘で悩まれているママさんはあれこれオリゴ糖を試す前に、一度、使ってみて下さい。

 

赤ちゃんの便秘をしっかりと解消してあげて、すくすくと成長する赤ちゃんを見届けてあげましょう。

 

 

25日の全額返金保証もありますので、安心して始めることができます。

 

カイテキオリゴの商品の詳細は公式サイトでご確認ください。

 

>>25日全額返金保証付き|カイテキオリゴ|詳細はこちら

 

最近は、お子様専用のカイテキオリゴもあるみたいですので、チェックしてみて下さい。

 

 

>>お子様用カイテキオリゴ|商品の詳細はこちら

 

 

 

【関連記事】

page top